歯科矯正サイト

感染防止・衛生管理について

佐々木人吉駅歯科では患者様が快適に安心して治療を受けていただくことを第一に考え、機材の徹底した滅菌を行うための機器を揃えています。

1

高圧蒸気滅菌器(バキュクレーブ31B+)

佐々木人吉駅歯科では、院内感染を防止するため通常の歯科治療だけでなく、インプラント手術や親知らず抜歯などの外科手術を行うのに必要な滅菌レベルを求め、高圧蒸気滅菌器 (バキュクレーブ31B+)を導入しています。

(バキュクレーブ31B+)は医療先進国のヨーロッパ規格において、あらゆる細菌を確実に安全に滅菌できるクラスB条件をクリアしており、優れた滅菌性能とあらゆる器材の滅菌を可能としています。

2

タービン ハンドピース専用小型高圧蒸気滅菌器(iClave mini)

佐々木人吉駅歯科ではタービンやコントラなどの歯を削る切削器具は機器を介してウイルスや細菌に感染する恐れがあるため使いまわしをせず、患者様ごとに滅菌した清潔な器具を使用しています。(クラスB条件)

3

ハンドピース自動洗浄・注油システム(iCare )

iCareはハンドビース内部の自動洗浄・注水システムで内部の汚れや異物の除去を確実に行います。

消毒室
オゾン水除菌システム

佐々木人吉駅歯科ではオゾン水を利用した「オゾン水除菌システム」(特許取得済み)を導入しています。
治療室で使用する水の元栓に「オゾン水発生装置(CUBE-2 plus)」を設置することで、

  • 治療時のうがいのコップに注がれる水
  • 歯を削る機器(タービン、コントラなど)から出る水
  • 歯石取りをする機器(超音波切削器具)から出る水
  • 治療機器を洗浄する水
  • 歯科医師やスタッフが手を洗う水

などに使われ清潔な環境で治療を行っています。

院内のオゾン水

オゾン水って何?

オゾン水とは、オゾンガスを特殊な技術によって水中に溶解した機能水のことです。原料は水と酸素だけ。使用後は分解して元の水と酸素に戻るので残留性もなく、環境汚染の心配もありません。

オゾン水の除菌力

オゾン水の除菌力は塩素のなんと7倍! オゾン水はほぼ全ての細菌やウイルスに有効なため、院内感染防止および治療時の細菌を瞬時にキャッチし、治療時間の短縮につながります。治療時のうがいにオゾン水を使用することで口臭予防や歯周病抑制につながります。除菌効果で治療後もスッキリしてお帰りいただけます。

コロナ感染対策のため患者様にも入室時にオゾン水で手洗いをお願いしています。