歯科矯正サイト

矯正治療の種類

1

マウスピース矯正 インビザライン

透明に近く、目立ちにくいマウスピース型の矯正装置(アライナー)です。緩やかでありながら効果的に歯を適切な位置に移動し、歯並びを整えます。

2

唇側ワイヤー矯正(ティップ・エッジ・テクニック)

患者さんが歯科 矯正治療を受けられる上で、最も重要な目的とされる「叢生・捻転の改善」がとてもはやく、通常4~6ヶ月程度で改善していきます。

3

インビザラインファースト(小児)

取り外し可能で目立ちにくいインビザラインのマウスピース矯正治療なら多感で繊細な10代の子どもでも安心して快適に歯並びの治療ができます。

4

こども受け口矯正法 プレオルソ

当院ではおもに12歳未満の子どもの反対咬合(受け口)の治療に使用しています。歯並びをきれいに並べることが目的ではなく、おおまかに不正なかみ合わせを正常な範囲のかみ合わせに誘導していくのが目的です。