歯科矯正サイト

新着情報/症例集

2022.04.25

最近の矯正(歯並び)治療について

最近の矯正(歯並び)治療について

目立たない矯正装置のご紹介

一般的に矯正治療というとワイヤーを通した金属の装置を歯の表側につけたものを想像されると思います。成人の強制治療も最近ではかなり普及してきていて、ワイヤー固定の装置をつけていても周囲からジロジロみられるようなことはなくなりました。矯正装置が入っているからといって隠したり、恥ずかしがったりする必要はないのですが、しかしやはり見た目を気にして、目立たない矯正装置を希望する人は多いようです。そこで今回は目立たない矯正装置のご紹介をしたいと思います。

★矯正装置にはそれぞれ特長があるので、患者さんの年齢、歯並び·咬み合わせの状態・程度、お仕事等を考慮して、使用する装置を選択します。歯並びを気にされている方、矯正治療を考えている方はお気軽にご相談ください。

色々な矯正装置

マウスピース型の透明なフレームを歯に装着するだけの、目立ちにくく、取り外しもできるまった<新しい矯正歯科治療です。食事や歯磨き時は取り外せるため、日常生活を快適に過ごせます。また、矯正治療をしながら、フレームの中に薬剤を入れてホワイトニングもできます。

どうしても見えないようにしたい場合には、歯の裏側に装着する方法もあります(舌側矯正)。この装置は大きな口を開けないかぎり外からは見えませんが、治療期間が長くなったり、発音が悪くなったりと問題点もあります。

近年、目立たない矯正装置として、ワイヤーを歯に固定する台となるブラケット自体が白色のセラミック製のものや、ワイヤーも白くコーティングされているものなど、様々な装置が工夫されています。これらを組み合わせれば、ほとんど見た目は気になりません。